脚やせエステ口コミCAFE TOP » 脚太りのタイプ » 水太りタイプの人の足の特徴

水太りタイプの人の足の特徴

08_100女性の約7割の方が水太りタイプと言われているぐらい一番多いタイプです。
 
水太りタイプの脚の方の特徴とは、夕方ぐらいから、脚がむくんで靴がきつくなったり脚にダルイような感じがある方です。
 
またふくらはぎを指で押したら白くなり、指の形がなかなか戻らないで凹んだままになってしまうのも特徴です。
他にも肩こりがひどい、冷え症、顔色が悪い、アレルギー体質である、めまいや立ちくらみがおこってしまう方も水太りの特徴なのです。
 
皮膚に下着の跡が残りやすくて、新陳代謝が悪いのも特徴です。
極端な汗かきや、逆に汗をかかない方や、便秘と下痢を交互に繰り返したりしてしまう方も水太りタイプの特徴です。
 

水太りタイプの脚かチェック!

特に夕方足がむくみ靴がきつくなるor入らなくなる
何もしてないのに脚が妙にダルかったり、痛かったりする
太ももやふくらはぎを押して、白くなったのが戻りにくい
脚にメリハリが無い
皮膚に下着の跡が残りやすい
朝になってもむくみがとれていない
立ち仕事や、座り仕事など一定の姿勢での長時間のお仕事か?

これらに当てはまるものが多いほど「水太り脚タイプ」の可能性が高いです。 
 

水太りの原因と対策

男性に比べて女性は筋肉が少ないためリンパの流れが滞りやすくて、老廃物が溜まってしまいむくみの原因になってしまうのです。
 
水太りを改善するには水分を適度に摂ったり、
また、血行不良による冷えやむくみが原因なので、血行をよくするように筋肉にそって、軽くリンパマッサ-ジをしたりすることも効果的です。
エステサロンでプロにリンパマッサ-ジを受けられると、1回でむくみがスッキリし実感できますので、体験されたことがない方は一度体験されることもおすすめです。
 
あとは、代謝を上げるために筋肉を付けたり、シャワーのみではなく湯船に浸かり体を冷やさないようにする。
また塩分の多い食事を続けると体内に水がたまりやすくなるので、塩分を控えめにする、体を温める食材を摂取しなるべく温かい飲み物や食べ物を食べるなどすることも大切です。
 
長時間の立ち仕事や、座り仕事など一定の姿勢を続けてしまうことも原因ですので、意識して姿勢を変えたり、立ち仕事の合間に屈伸を入れたりと工夫をされるといいでしょう。
 
1日2リットルの水を飲むと良いという話を聞いたことがある方は多いはずです。
血がサラサラになって動脈硬化などが防げると言われていますが、飲み過ぎは下半身太りを引き起こします。
 
水の飲み過ぎは、時には水毒症という病気の症状を引き起こす危険性もあるので、無理にたくさんのお水を飲み続けられるのは気をつけなければなりません。


このページの先頭へ