脚やせエステ口コミCAFE TOP » 脚太りのタイプ » 脂肪太りタイプの脚の特徴

脂肪太りタイプの脚の特徴

07_100脂肪太りタイプの脚の方の特徴とは、身体も太っている方が脚も脂肪太りになっていて全体的にメリハリがない体型の方が多いです。
 
お腹から腰やお尻にかけて脂肪が付きやすいのも特徴です。
足の中では太ももの裏側と膝周りが特に脂肪が付きやすく、この部分につまめるような脂肪が付いているのも特徴です。
セルライトがところどころに見えるのが特徴です。
 

脂肪太りタイプの脚かチェック!

子供のころから太っていた
つま先立ちになった時にふくらはぎがししゃものようにならない
膝の周りに脂肪がたくさんついている
太ももに脂肪がたくさんついていて簡単につまめる
太ももの裏側などをねじった時に凸凹のセルライトがある
運動が苦手で運動経験はほとんど無い

これらに当てはまるものが多いほど「脂肪太り脚タイプ」の可能性が高いです。
 

脂肪太りの原因と対策

また脂肪太りの方の特徴は、食べる量より運動量が少ないので、摂取カロリーがオーバーしている事が一番の原因です。
まずは食生活や日常生活から見直す必要があります。
 
脂質や糖質の取りすぎに気をつけたバランスの良い食事を心がけ、そして食事の量や食事の時間にも気を付けましょう。
間食も我慢しましょう。
 
また脂肪太りタイプは、摂取カロリーと消費カロリーが合っていないので、適度な運動やエクササイズを心がけるといいでしょう。
ウォーキングで足の筋力を上げる事や、太ももの裏側に付いてしまっている脂肪を集中的に撃退する方法は、スクワットなどの太ももを動かすエクササイズが効果的です。
 
このようなエクササイズを続けていかれると筋肉がついていくので、代謝があがり脂肪が燃えやすくなり、痩せたりその部分が引き締まっていきます。
脂肪は、柔らかいほど燃焼されていきますから、硬くなっている足の脂肪の場合は、まず柔らかくするために、マッサ-ジやストレッチをすればいいでしょう。
  
太ももやふくらはぎの裏側を両手でねじると、セルライトの凸凹があったりすると、なかなか自分でマッサージやストレッチでは取ることは難しいでしょう。
 
エステサロンの足痩せコースにセルライトケアもあり、筋肉を鍛えながら脂肪を減らしていくコースもありますので、体験でお得にコースを試すこともできますので
そういうのも一度行ってみられるのもおすすめします。


このページの先頭へ